髙濵君

 

CSVやテキストファイルを読み込み、そこに含まれる機種依存文字を検出します。

文字コードの変換を伴う作業で文字化けする可能性がある箇所が分かります。

【特徴】

・csvファイルやタブ区切りのテキストファイルを読み込ませることで、Excelで該当セルと機種依存文字を色付けして表示します。

・「濵」→「浜」のようにあらかじめ機種依存文字と変換文字を設定することで自動置換を行います。

・任意のディレクトリに解凍後、ショートカットをデスクトップに配置してください。

 ショートカットにファイルをドラッグ&ドロップするだけで実行可能です。

【注意】
​ ・​Microsoft Excel 2007以上が必須です。OpenOfficeやGoogleスプレッドシートなどの互換アプリ
ケーションでは実行できません。

 ・処理対象のファイルをExcelで開きます。ツールで開かれたファイルをそのままExcelで上書き保存すると元ファイルを更新することになりますのでご注意ください。

  Excelの仕様により、例えば「”(ダブルコーテーション)」で囲まれた文字列を保存すると「”」が消えるなどファイル内容に意図しない変更が入る可能性があります。

 ・「ファイルを開く」や「Convert.ini編集」を実行した際にウィンドウが落ちる場合、置換文字を設定したconvert.iniファイルが破損している可能性があります。事象が発生した場合は以下のフォルダにあるファイル名をconvert.ini.oldなどに変更後、アプリケーションを再起動してください。(起動時に再度convert.iniファイルが生成されます)

  フォルダ:C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Roaming\マッハソフト\髙濵君\1.0.0.0  ←{ユーザー名}は環境によって異なります。

main.png

メイン画面

ファイル選択や各種オプション設定を行います。

​「設定を保存」を押すとオプションの選択状態が保存され、次回起動時に同じ条件で実行されます。

■使い方

 実行方法は3種類あります。

 1. 髙濵君.exeを起動し、「ファイルを開く」から処理対象のcsvファイルまたはテキストファイルを選択する。

 2. 髙濵君.exeを起動し、メイン画面に処理対象のファイルをドラッグ&ドロップする。

 3. 髙濵君.exeのショートカットを任意の場所(デスクトップなど)に配置し、ショートカットに処理対象のファイルをドラッグ&ドロップする。

   ※3.の場合、保存された設定内容に従い実行されますが、設定に関わらず終了後にアプリケーションは自動終了します。

■メイン画面説明

 <ボタン>

 ・ファイルを開く:

   ファイル選択ダイアログを開きます。

   処理対象を選択するとオプション設定の内容に従い、処理が開始されます。

 

 ・閉じる:

   終了します。

 ・Covert.ini編集:

   置換前後の文字列を設定します。

   オプションの「Convert.iniで指定された文字に置換」が有効な場合は置換前文字列を検知すると、自動的に置換後文字列に置換します。

   置換前文字は1文字のみ、置換後文字は複数文字指定できます。(①⇒(1)など)

 ・設定を保存:

       オプション設定のチェック状態を次回実行時のデフォルト値として保存します。

 <オプション設定>

 ・区切り文字:

   処理対象のファイルがカンマ区切り(csvファイルなど)か、タブ区切りかを選択します。

 

 ・先頭の行を列見出しとして使用する:

   有効(チェック入)にすると後述の「問題ない行は非表示」を有効にしても1行目が非表示になりません。

   「問題ない行は非表示」が無効(チェックなし)の場合は動作に違いはありません。

 ・文字列として読み込む:

   Excelの仕様により0始まりの番号や住所(1-2-3)などが意図しない表示になることを防ぎ、全て文字列として読み込みます。

 ・?マークを機種依存文字としてチェック対象に追加:

   処理対象のファイルが機種依存文字の問題で既に「?」として表示される場合、有効にすることで「?」になった箇所も色付け対象にします。

   通常の「?」とは区別が付かないため「?」は全て色付け対象になります。(?の半角/全角は問わず色付け表示します)

 

 ・Convert.iniで指定された文字に置換:

   メイン画面の「Convert.ini編集」で置換前に設定された文字を検出した場合、指定された文字に置換します。

   無効にした場合、Convert.iniの設定は無視されます。

 ・問題のない行は非表示:

   機種依存文字を検出した行のみ表示し、機種依存文字が無かった行は非表示にします。

   (行削除ではないのでファイル自体には影響ありません。Excelで非表示になった行範囲を指定し、「再表示」で表示できます。)

   機種依存文字があった箇所だけを素早く確認したい場合に役立ちます。

 ・処理後にアプリケーションを自動終了:

   有効にするとファイルの処理が終わった後に高濱君を終了します。

      無効にすると高濱君のダイアログは残り続けます。 

   連続して複数ファイルを実行したい場合は無効にしてください。 

[ベクターリンク]